お大事になさってください

こんにちは!プロテイン上村です。
体調を崩しやすい季節ですが、皆さま如何お過ごしですか?



体調を崩すと、ある外来の医師を思い出します。

大学院時代、組織に対する研究を行う病院を深く知るために、白衣を着て1週間ほどお邪魔をしていました。

外来にてしばらく見学していると、お若い看護師が患者さんに対して

「お大事に~」

と言って出口に案内しました。

患者さんが出て行った後、その医師は

「お大事にじゃない、お大事になさってくださいだ!何様だ」

と指摘したのです。

私は看護学生時代に助手等アルバイトをしていて何も違和感なく「お大事に!」と言っていました。この時から今以上に「言葉」遣いに気を付けようと思うようになりました。

言葉は相手に対する尊敬の証。丁寧な言葉を用いて、心からの身体を大切にして欲しい気持ちを伝えませんか?

周りを取り巻く全ての人が、人生の先生です(*‘∀‘)

…ちなみにその病院は驚くほどに、私が研修に入ってものすごく変化し、10年ほど経つ今でもその文化が続いています!

そのお話はまた今後(*ノωノ)

20130619川越胃腸病院1

私の大好きな川越胃腸病院院長望月先生と大久保寛司さんとの夢のスリーショットと共に♪

この写真も私の宝物です!

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK