【お知らせ】4/14,15日総研主催看護必要度を主とした診療報酬改定セミナー

こんにちは!ん~冷える!上村です。

 

ありがたいことに、4月に仙台と東京で看護必要度を主とした診療報酬改定を行わせて頂きます。

私告知していると思っていましたらすっかり失念しておりましたっ!

 

東京外の公開セミナーは初めてでドキドキ。

 

日総研出版「ナースマネージャー」連載記事を執筆中上村でした。かきかき。この件もまた改めて。

 

寒い日が続きますね。インフルエンザも流行っているようです。

どうぞご自愛くださいませ!

 

セミナー詳細はコチラ→http://nissoken.com/s/14647/index.html

 

 

******セミナー概要********

 

 

仙台地区:2018年4月14日(土)10:00~16:00

会 場:ショーケー本館ビル

 

東京地区:2018年4月15日(日)10:00~16:00

会 場:日総研研修室

 

■蓄積した必要度データをベッドコントロール、

人員配置に活かすポイントを解説!

 

30年度改定における重症度・医療看護必要度の基準変更を見据え、医療看護現場では、改定前からのシミュレーションや対応に追われているのではないでしょうか。しかし、貴重な看護必要度データについては、単に記録の整備や数値を追うだけで、経営向上のために活用するまでに手が回っていない医療機関が多いようです。蓄積した看護必要度データを経営貢献、看護マネジメントの根拠として活かすべく、テータの見方から分析の手法のポイントを学びます。30年度改定から次回改定も視野に入れ、実際のデータを示しながら指導します。

20180110日総研セミナー

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK